経 営 計 画とは

経営計画とは

「経営計画」とは

経営計画とは、明確な経営理念を基に、言わば自身の描いているビジョンを整理し数値化することです。

経営者は自らの考え(仮説)が実践可能かどうかを判断するために、経営計画を策定し実践し検証を行う必要があります。

つまり、経営とは「仮説 → 実践 → 検証」の繰り返しであり、経営計画を策定する目的は、仮説を基に未来を描き出すことであると言えます。

 

中期計画 ⇔ 『将軍の日』

単年度計画の前に、先ずは5ヶ年の中期計画を立案します。
中期計画策定には、自社を良く知り社長の姿勢や考え方を社員に示し、将来に対して前向きな数値を持つことが大切です。

中期経営計画の策定により、自社の将来像が数値まで含めて、具体的に浮かび上がってきます。


策定の主なポイント
  1. 経営理念を明確にし、5年間のビジョンをまとめる。
  2. 自社の強みや弱みなど問題点を整理する。
  3. 将来の数値計画として、「売上、粗利などの販売計画」「人件費やその他の経費計画」「設備投資計画」や借入返済などの「資金計画」等を重点的に立案する。
  4. 策定された5年間の「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」を何度でも確認・吟味し完成させる。
 

単年度計画

中期経営計画で将来の明確なビジョンを策定した後は、その計画をより具体的に単年度計画(12ヶ月の月別計画)に落し込みます。

単年度計画の策定を行い、行動計画と損益や資金繰りの1年間の見通しをたてることにより、「どの月の資金繰りがきつくなるか」「税金はどのくらいかかるのか」等が事前に把握できるので、企業経営のうえで最適な意思決定が可能となります。


策定のポイント
  1. 目標売上及び粗利などの販売計画の策定
  2. 借入金返済必要額や設備計画における資金の検討
  3. 必要固定費のシミュレーション
      〜 昇給や賞与、新規採用、販売費、広告宣伝費等 〜
  4. 回収条件及び支払条件の検討

将軍の日
問い合わせは、岡田浩介税理士事務所 TEL:084-921-8531
TOPページあんしん経営サポート 経営計画MAS監査将軍の日 儲かる飲食店業務内容会社概要お問い合せ